top of page

大田区基本構想パブリックコメント結果から

意見提出期間:令和5年12月26日(火曜日)から令和6年1月15日(月曜日)まで

意見の提出件数等:提出者数 64名(内訳:持参4名、郵送1名、FAX1名、電子申請58名)

提出意見数 133件


の12番目に以下のような意見要旨と区の考え方が載っている。


新空港線に言及したコメントが多数あり、その数は約 3/4 が新空港線計画には否定的であ る。」という意見に対して、区の言い分は「整備を進めてほしいといったご意見もいただいております。」と1/4の意見を強調。


また、「大人(高校生を含む)の 52.8%、こども(中学生以下)の 74.2%が交 通の利便性がよいまちを挙げて」いるから「新空港線の整備はその実現に資する事業」だと言うのは、飛躍しすぎていないだろうか。


さらに、“鉄道路線の充実(蒲田駅と京急蒲田駅をつなぐ鉄道路線の新設を含む)”が 42.8%と最も高くなっております。← こういった数値には、作為を感じる。鉄道路線の充実を望む声が42,8%あったからといって、大田区内には交通不便地域は他にも何箇所かあり、それら全てを含めて42,8%のはず。


せっかくの区民アンケートを区の望む方向に無理やりこじつけていないだろうか。








意見要旨
区の考え方

12

策定の 背景

今回、新しい手法(ワークショップ・オープン ハウス型説明会・WEB アンケート・こども向 けアンケートなど)を取り入れて、幅広く区 民の意見を聞いたとのこと。そうであるなら ば、なぜ「区の 40 年来の悲願である新空港線 の整備に向け、令和 4 年に整備に関する都区 間合意に至ったことで、羽田空港を含む区内 外の移動利便性を向上させ、鉄道沿線のまち づくりに着実に取り組むための扉を開くこと ができました。」このような文言が序文に組 み込まれるのか。今回の区民アンケートでも 新空港線に言及したコメントが多数あり、そ の数は約 3/4 が新空港線計画には否定的であ る。

本素案作成に当たり実施した区民アンケート では新空港線に関する様々なご意見をいただ きましたが、必ずしも否定的なご意見だけで はなく、新空港線の整備を進めてほしいとい ったご意見もいただいております。また、選択 回答では、2040 年ごろ(令和 22 年ごろ)に 望むまちの姿として、大人(高校生を含む)の 52.8%、こども(中学生以下)の 74.2%が交 通の利便性がよいまちを挙げており、新空港 線の整備はその実現に資する事業であると考 えております。なお、令和4年度の区民意識調 査では、大田区内の公共交通対策の中で早期 に実現してほしいものとして、“鉄道路線の充 実(蒲田駅と京急蒲田駅をつなぐ鉄道路線の 新設を含む)”が 42.8%と最も高くなってお ります。 素案P9の基本目標4では「利便性の高い交 通ネットワークの整備により、誰もがどこへ でも気軽に移動できるまち」をめざすことと しており、新空港線の整備も含め、区内交通の 利便性向上に向けた施策を進めてまいりま す。 具体的な施策については、基本計画を策定す る中で検討してまいります。


閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いただいたコメントから

NoKamaKamaNewsのQ&A。蒲蒲間の移動が2分、便利になる?というのは全く間違いですが、それ以上に問わなければならないのは、東急蒲田とJR蒲田、東急池上線への乗り換えが極めて不便になることではないでしょうか。 多摩川線あるいはJRから蒲蒲線で京急蒲田へ乗り換えていく人は何人いるでしょうか。利用者の10%もいないでしょう。にもかかわらず、乗り換えのために地下駅から2階へ上がりそれからJRホ

Comments


bottom of page